必要な手数料や費用って?

会社設立には、一定の費用がかかります。
手続きする中でいくつかの手数料も必要ですから、ここで出せるお金がないと会社は作れません。
お金はどれくらい必要なのか、やはり気になりますよね。
この点をご紹介しましょう。

合計でかかる費用は、基本的に24万2000円です。
場合によってはこれより少ない費用で済む場合もありますが、会社設立にかかる基本費用はコレを目安にするといいです。
これらは手続きを進める中で、手数料としてどうしても必要になるお金です。
会社設立の準備として書類を作成したあと、公証役場と法務局で手続きをしないといけません。
ここでお金が必要になります。

公証役場では9万2000円かかります。
まずここに提出する定款には、収入印紙が4万円分必要です。
そして公証人に支払う手数料5万円と、謄本手数料2000円がそれぞれ必要です。
ここで合計9万2000円かかるんですね。
その次の法務局でかかるのは、登録免許税です。
必要な費用の名目はこれだけですが、これ1つで15万円かかります。

これらすべての費用を合わせて、24万2000円かかるわけです。
これら費用は、厳密にいうと税金も含まれるのですが、それら費用の名目は特に気にならないでしょう。
ですからすべて含めて、最低でも24万円近くは会社設立の手数料が必要だと思っていてください。

これよりも安い費用で会社設立できるケースもあります。
定款を電子文書形式にすると収入印紙がいらなくなるため、4万円安く会社設立できます。
ただし、この形式で定款を作るのは、普通に比べて難しくなります。
個人で作ると特別な準備物が必要になりがちで、そのための出費が必要になったりします。
個人で作るのが難しければ、代行を頼む形になるでしょう。
すると代行手数料が別にかかります。

この関係で、結局は24万円前後のお金が、会社設立のための手数料としてかかるケースが多いんですね。
この費用は全国共通ですから、これから名古屋で会社設立するなら、最低でも24万円前後は用意しておくと安心です。